トップ >  家電&カメラ  >  洗濯機の種類

洗濯機の種類

洗濯機は多きく分けて『縦型』と『ドラム式』とあります。
洗濯機選びのポイントは洗濯機の種類と容量と大きさ、またどんな洗濯物が多いのかでも洗濯機選びには重要です。
ここでは、洗濯機選びに知っておきたいメリット・デメリットをまとめました。

縦型、ドラム式(横型)の違い

縦型

長く愛されてきた洗濯機。
現在は、技術向上により性能も上がってきている為、縦型回帰の動きも出てきています。
大きさも横型より小さい機種が多いので、設置場所によっては縦型しか選択肢がない場合もあります。

メリット

  • ■ 汚れがキレイになる
  • ■ 横型より価格が安価
  • ■ 大物洗いに適している
  • ■ 騒音・振動が比較的静か
  • ■ 洗濯時間の早さ

デメリット

  • ■ 水量を多く使う
  • ■ 乾燥のある機種ですが、ゴワ付く
  • ■ 服がこすれるため、傷つきやすい

横型

縦型に変わって新しく出てきたタイプです。
横を向いた円筒状の洗濯槽を回転させ、洗濯物が上がっては落ちを繰り返すことにより叩き洗いをすることで汚れを落とす方式です。

古いタイプは汚れが落ちにくい等の問題がありましたが、新しいタイプでは大分改善されているようです。
従来の縦型に比べ使用水量及び衣類の傷みが少ないのが特徴です。

メリット

  • ■ 節水できる(水量をあまり使わない)
  • ■ 洗濯物が傷つきにくい
  • ■ 乾燥機能が縦型より適している

デメリット

  • ■ 洗濯時間がかかる
  • ■ 製品が縦型よりどうしても大きくなってしまう
  • ■ あまり大きなものは洗濯できない(毛布などはOKなようです)

まとめ

汚れをがっつり落としたい、建設業等のお父さん、スポーツをして汚れた服を洗うのが多い方は縦型
服の傷、節水等をしたい場合にはドラム式といった所でしょうか。
また、価格等も縦型、ドラム式で変わってきますので、お財布とも相談ですね。

ブログ

まとめ・特集・記事

商品カテゴリー